日本で4番目のフェアトレードタウンをめざします。

団体概要

  • HOME »
  • 団体概要

団体概要

浜松市在住の有志メンバーによって、フェアトレードを推進していく志を持つ仲間がつどい、第1回目の顔合わせをしたのは、2015年5月の頃。

そこから約2年の歳月を経て、2017年6月28日、浜松市 鈴木康友市長によって、「フェアトレード浜松宣言」が発表されました。

私たちが暮らす浜松市は、人口約80万人を有する政令指定都市です。

都市機能があつまる都市部、農業がさかんな平野部、広大な森林がひろがる中山間地域、漁業が営まれる沿岸部と、全国に類をみないほどに、多様性を有しています。ワカモノからお年寄り、そして83か国、約2万人の外国人市民が、多様な価値観のもとに暮らしています。

はままつフェアトレードタウンネットワークは、多様性に富んだ浜松市にて、フェアトレードの推進を通じて地域づくりに取り組みながら、フェアトレードによるまちづくりを推進しています。

メンバーはフェアトレード事業者から教育関係者、会社員、学生と、幅広く構成されています。

沿革

設立2015年10月

浜松市のフェアトレード活動を活性化し、フェアトレードタウンをめぎすフェアトレードショップ関係団体と市民によって、2015年10月、浜松国際交流協会の会議室で設立されました。現在、浜松市がフェアトレードタウンとして認定されるべく、種々の活動を行っています。2016年2月には、イオンモール浜松志都呂と協働し、「ハロー!はままつフェアトレードDAY 2016」を2日間開催するとともに、浜松市と共同で『はままつフェアトレードマップを発行しました。また2016年12月10日は「はままつエシカノレビジネス会議2016」を開催しました。

PAGETOP
© 2017 はままつフェアトレードタウン・ネットワーク